穴井工務店

092-861-4321  
お問い合わせ
  1. TOP
  2. 木造建築

穴井工務店では、低層・中規模施設建築の木造化のニーズにお応えし、
教育施設や医療・福祉施設、商業施設などの設計施工も行っております。



 


建築の技術的な進化や地球温暖化防止への配慮を背景に、木の持つ調湿性、優れた施工性、他構造に比べて低価格である事などが見直され、低層・中規模の施設建築でも木造化のニーズも高まっています。




 

木構造の技術革新により性能規定化がすすみ、2000年の建築基準法改正では、中規模木造・大規模木造が可能となりました。2010年には、地球温暖化防止を背景に、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が制定され、公共建築物での木造建築物が多く建築されるようになりました。


 


木構造の技術革新と法整備により、これまで、鉄骨造や鉄筋コンクリート造でしか建築できなかった建物も、構造を木造とする可能性が広がりました。脱炭素社会の実現のため、構造だけでなく内装の木質化も推進されています。




 

公共建築物の木造化の推進のみならず、民間建築物においても、脱炭素社会の実現を促進するため、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」の範囲を民間建築物にも拡大することとなり、2022年に法律名が、「脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律」に改められました。

  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
施工事例をみる