ANAI HOUSEがご提案する クール暖と高気密の家づくり

  • メールでのお問い合わせ
  • お電話でのご相談お問い合わせ 092-861-4321

ANAI HOUSEの目指す理想の住まい「こだわったのは5つの心地よさ」

クール暖とは?

家の中の空気を心地よいものにするために、さまざまな工夫と素材、工法を盛り込んだANAI HOUSEの家。
新しいものを積極的に取り入れているだけではありません。

例えば、セルロース断熱や珪藻土の塗装などは、昔から日本家屋に採用されてきた土壁と漆喰の原理と共通していたりします。
そこには、自然素材が持つ素晴らしい性能や効用を出来る限り活かしながら、現代の技術でさらにそれを補うという考えが貫かれているのです。

この家は、人や環境に優しく、冷暖房効率も高め、換気や湿度の調整も考えら
れていますので、空間の大きさに比べるとわずかな空気調節で快適な室内を保
つことが出来ます。
そして、最も快適さを実感できるのが、「クール暖」との組み合わせなのです。

 

クール暖の特徴

クール暖は全く新しいふく射冷暖房システム

難しい技術の話は省きますが、家全体に夏は冷水、
冬は温水を巡らせて、放熱パネルでふく射波を放射。

その熱線で空間全体が一定温度になるという、今までになかった冷暖房システムです。
外が寒くてもガラス越しのお日様があたたかい。

トンネルの中は真夏でもひんやり。
それらと同じく、熱の移動と言う原理を活かした冷暖房ですので、無風・無音・無臭。
肌で感じる気持ちよさが違います。

いいことたくさん

まず、放熱パネルがポリプロピレン樹脂製。
暖房時でも熱くならずやけどの心配なし。
金属パネルと比べて、ぶつかった時の怪我の危険がありません。
またエアコンと違い風が出ませんので、
ハウスダストやカビを舞い上げることがなく空気がきれい。
室内の湿度に影響を与えないため冬も乾燥せず、
暖房を付けると目やのどが痛いといったこともありません。

アレルギー体質や小さなお子様に最適

ヒートショックも解消します。

ストーブやエアコン、ヒーターが熱源に近いほど暖かいのは、空気を媒体にしているから。クール暖はふく射波(遠赤外線)を放射する方式で、空間全体が均一に暖かくなります。
つまり家じゅうどこに行っても同じ心地よさ。
複数の放熱パネルを効率的に配置すれば、部屋間の温度変化をなくし、ヒートショック(※)も心配も解消します。

※ヒートショック・・
冬場にお風呂に入る際などの急激な温度差による血圧の急激な上昇や下降

部屋中どこにいても同じ心地よさ

理想の冷暖房です

これまでたくさんのお客様の家づくりのお手伝いをさせていただき、多くの皆さまがおっしゃってくださったのは、
「夏が涼しくて、冬があったかいのがうれしい」ということです。
その心地よさをもっと追求していく上で出会ったのが、この「クール暖」です。
カラダに優しく、気持ちよく、おだやかで温度も均一。
最も自然に近い冷暖房だと実感しています。
クール暖の力を発揮できるよう、家全体もこれまでの高断熱高気密のノウハウに新たな工夫と創意を凝らしています。
まずはご見学ください。言葉に出来ない心地よさを感じていただけるはずです。

調湿・遮音・自然素材・木のぬくもりにこだわった家づくりをご提案いたします。【穴井工務店】

ページトップヘ